2005年04月06日

「新しい」のために必要なもの

 「サントリーのウーロン茶の紙パックの付属のストロー 無駄に長い」

 「天つゆのない天丼なんて」略して「つゆどん」(よろしく!)にトラックバックが5件入ってるユメを見た。いよいよ俺の時代かといい気になったところで目が覚めた。今のところただ重いだけで日記となんら変わりないけど、そのうち、そのうち。
 ユメといえば安住アナウンサーがみんなからいじめられるのを傍観しているユメも最近よく見る。テレビごしだったりスタジオっぽい雰囲気の場所でじかにみていたり。有名人がユメに出てくることはほとんど無いし、テレビも見ないんだけど。スポーツニュースだけは各局ハシゴしてますけど。阪神が強いんで。

 ええと、「新しい」の話だ。今はちょうど「新しい」季節で、人間関係や生活スタイルが一新する人も多いことでしょう。自分はダメだったけど
 新社会人とか、新入学生とか、新居とか、その大抵は自ら勝ちとった栄光の門出によるものであって、非常に喜ばしいことです。おめでとうございます。
 それに合わせてというのか、自分が今日言いたいのは、上に挙げた人達だけしか「新しく」なれないわけではない、ということ。

 一番上に挙げたもの(サントリーの…)は、短歌です(森本平「個人的な生活」より)。それをアバンギャルド(新しいもの)と捉えるか、短歌に対する冒涜と捉えるかは読者各人に委ねられてるけど、今までにないという意味では新しいといえる。
 こういうものに対しては、よく「天才」とか言われたりする。向井秀徳が曲書いたら「天才向井が狂気を創造」みたいな見出しが音楽誌に出たり。
 それも一つの評価ですから否定はしないけど、私は才能というよりは勇気に近い気がする。ためらいがないということ。つまり、こういう「新しい」は、才能がなければ縁がないものかというと、そうではない気がする。むろん皆が皆何かを創造するという意味ではないけれど。
 よく「昨日と同じような一日」といわれるけど、それを抜け出すには、春がこなければならないわけではないし、特別な才能も必要無い。引越しのような、そのための(規模の大きな)行動を起こさなければならないというものでもない。必要なのは、ほんの少しの勇気だけだと思う。

 急に安っぽい空気が充満したような気がしないでもないけど、そう思うんだから仕方が無い。私は、毎年桜の花を見ると、その景色にも、それを映す自分の目にも、変化を感じます。自分でも笑えるくらい。うまくいえないけど、転がりつづけています。それがいいことかわるいことか、今はまだわからない。けれどそんなことはどうだっていい。いつか振り返って考えることもあるかもしれないけど、そのとき何を思っても、それも一つの評価でしかない。良くも悪くも。
 どうやって転がりつづけるか。自分の場合は好きなものを追っていた。好きなものに対してなら勇気も出せるし、後悔もしないはずだ。
 とどまっていて、しかもそれを良く思わない人がいたら、参考にしてもらえたら幸いです。転がり始めた瞬間から、目に映る全てのものが新鮮に感じられることと思います。何も勝者の特権ではなく。
 興味のあるものなんてない、という男は、女の子に声をかけることをお勧めします。何のことはない、自分もそうだから。
posted by LG18 at 23:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 思うこと・主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月05日

私の欠点はギョーザがきてからタレを作ることです

 先日、某大手チェーンの中華料理屋へ行って、ギョーザと天津飯を頼んだ。天津飯がきたのでそれを食べ始めた。半分以上食べ終わってもまだギョーザがこないので、来るまで待っていた。ごはんとおかずを同時に食べたい。
 しばらくして、ギョーザがきた。それからタレを作ろうとして、小皿を探すが、ない。少し離れたところから取ってくる。タレもない。取ってくる。ラー油は器に満タン入っている。
 別にこの店の文句が言いたいわけではない。たしかにメニューは置いてないし水の入ったポットはプラスチックのくせに水の出てくるところがぼろぼろに欠けてるし店は古いし汚いしレジには誰もいなくて人が並んでいる。けど、このへんはどこの店もこんなものだ。

 自分が言いたいのは、なぜ自分はギョーザがくるまでにタレを用意しておかないのか、ということである。

 こんなことなら些細なことだから別に構わない。しかし、学生生活を振り返って考えて、学生のころの自分は、ちょうどギョーザを頼んでおきながらタレも用意せずにギョーザまだかいなまだかいなと騒ぐガキのようなものだったと感じるのだ。
 大局観がなかったわけではない。ギョーザにチャーハンでは胃がもたれるのは必至だったから、あえて天津飯を選んだ。量も値段も見とおしがついている。無理に言葉にするなら、チャンスが来たとき最大にそれを活かせるように、普段から準備しておくという地道な努力を欠いていた。

 学生時代は、勉強時間(絶対量)が足りなかったというのも確かにそうだけど、自分と同じだけの時間を、もっと集中してやれば、それなりに残るものも有ったのではないかと思う。
 まぁでも法律やってる人は大なり小なり似たようなこと言ってはるから、それも自分だけではないけれど。
 でもねぇ、ギョーザがくるまえからタレつくるのは、なんか自分の性に合わない(笑)
 ギョーザ(細かいこと)にこだわるのも悪い癖だ。
posted by LG18 at 23:50| Comment(4) | TrackBack(2) | 日常・全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月03日

エースが打たれないままチームが負けるって、どうよ?

 さる4月1日、プロ野球セ・リーグが開幕した。開幕戦は各チームエースをマウンドに送るわけで、巨人は上原である。
 その上原は立ちあがりの1回に1点を失うものの、その後は堂々たるピッチングで失点を許さなかった。巨人のエースにふさわしい好投である。(どこぞのエースとはえらい違いだ)
 一方、広島のエース黒田も2失点、まさに1点を争う好ゲームである。七回までは。

 ところが、七回で上原が降板する。そして九回に巨人は逆転され、そのまま黒田に完投勝利を許してしまう。なぜ上原を投げさせない。打ち込まれたわけでも怪我をしたわけでも、ましてや本人が代えてくれと頼んだわけでもないのに、だ。
 ファンが見に来たのはエースの上原(の好投)であり、毎年通り評判の悪い不安定なリリーフ陣ではないのだ
 何かおかしくないだろうか?

 もちろん、不安定だからこそ早く成功させて波に乗せたいという気持ちはわかる。しかし、開幕戦から、投球数が100球をこえたからどうだとか、人間を機械みたいに扱うなよ、と言いたい。
 監督の仕事は八割が投手の交代時期に尽きると言われる。そのくらい投手の交代時期は難しい。けれどファンがエースを見に来て、そのエースが好投してるときに代えるべきでないことくらいは素人でもわかる。ゲームの流れに水を差しているのだ。

 結果として逆転されてしまった。これを一手にリリーフ陣の責任にしてしまうことはどうかと思う。また、ファンの心情としても、同じ日に別の試合で九回にサヨナラ満塁ホームランを打たれて負けた横浜と比べてどうだろうか。エースの三浦が打たれたのなら仕方が無いとなるだろうが、エースは打たれないままチームが負けてしまっては、どうにも納得がいかないだろう。

 かくいう私は物心ついたときからの阪神ファンで、巨人なぞ負けた方が良いに決まってる。けれど、私は阪神、巨人の以前に野球ファンである。巨人なぞ負けた方が良いというのは、開幕戦で上原が打たれて負けるのを望んでいるのであって、日本での実績の全くない「新外国人」が打たれて負けることを望んでいるわけではないのだ。そんな中途半端な試合をされるくらいなら上原に完投勝利された方がどれだけマシか分からない。それは相手が阪神であっても同様である。

 そういった、(本当の)野球ファンの気持ちを汲まない巨人のやり方が、私は嫌いだ。何より上原がかわいそうじゃないか。

2005年04月01日

6度目の春

 天つゆのない天丼なんて がオープンしました。管理人のLG18です。よろしくお願いいたします。

 6度目の春を迎えました。迎えてしまいました。
 後ろ向きだからという理由で、今まで人生をやり直したいと考えたことはない(努めてそういうことを考えないようにしていた)のですが、大学生活だけはもう一度1からやり直したいと思ってしまいますね。今日はしみじみと、そう思ってしまいました。卒業したからでしょうか。

 きっとやり直してもまた同じように入学早々他大学の「健全な」仏教サークルの部員に声をかけられて、その事実を伏せたまま入部を持ちかけられ、うすうすそれと知りつつ「うちは哲学をやってる」という部員の態度に、観察半分挑戦半分の青い気持ちで応じ、通いつめるも徐々に仏道一筋の実態を示し始め、結局一ヶ月で辞める、というこの流れは、まるで生まれる前から決まっていたことのように何度でも繰り返すことでしょう。
 一文長すぎ(笑)

 やり直したいというより、もう一度味わいたい、渦中に入りたいという気持ちでしょうか。要するに遊びたいだけなんでしょうが。
 エイプリルフールをメールで送りつけるだけの女友達とも今日でお別れです。自分にとって今日はエイプリルフールの日ではなく、すばらしいスタートを切るべき年度始めの日でしたから。

 というわけで、今後ともよろしくお願いします。力みすぎの文章になりましたが、それも今日だけです。
posted by LG18 at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常・全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。