2005年05月09日

二日目//情報・過去問入手(あと6日)

 HPを巡って大まかな情報を手に入れてきた。信頼できる情報によれば、

 教養試験(択一式) 一般的知識及び能力についての筆記試験  40題 2時間30分
 専門試験(択一式) 専門的知識及び能力についての筆記試験
 必須 憲法7題,民法13題 選択 刑法又は経済理論  各10題 30題 1時間30分

 だそうです。そのまんまコピペですが。どうも点差もないようですね。昨日書いたうちのどちらでもなかったようで、どうもコロコロ変わってる感じですね。

 で、気になる合格の目安ですが、まず教養・専門とも5割が足切りで、両方6〜7割の出来で合格するようですね。70×0.65=45.5。

 また45点かよ!まぁそれはいい。目標50点として、専門25点、教養25点か。

 まずは実際にやってみよう。去年の問題もあることだし。

 小学時代「生き字引(死語?)」、中学時代「物知り博士」、高校時代「雑学王」の異名を取った人間が、一切の勉強しないでどのくらい教養で点がとれるか。
 司法試験択一で30点そこそこの人間が、択一終了直後にどのくらい専門で点がとれるか。

 乞うご期待!
posted by LG18 at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律のはなし・受験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月08日

一日目(試験終了日)//心の準備。(あと7日)

 ※<この記事は5月9日、修正致しました>

 司法試験受験生の1大イベント、短答式試験(択一)が終わりました。
 私は30点(誤差±3点程度)の成績です。解答が分からなくても解いていて感触で分かります。問題は例年通りで、特に難しくもなかったので、例年通り45点前後が合格点でしょう。(受験者の方へ。私個人の勝手な推測です。)お持ちの勝馬投票券はすでに紙吹雪と化しています。

 ダメでした。応援してくださった方、ご期待に添えられなくて、ごめんなさい。

***

 んでですね。来週には裁判所事務官の試験があるんです。出願だけはしてあるんですが・・・

 科目すら知りません!(どーん)

 そうです。科目すら知らない試験に1週間で受かっちゃおう! という馬鹿げたのがこのブログの期間限定コンセプト(当たり前だ)です!
 で、まず図書館に寄って対策本を見てみましたところ・・・

 教養試験
(択一式50題)
  一般知識分野34問(1題2点)
  一般知能分野16問(1題2点) ・・・と書いてある本と、

(択一式60題)
  一般知識分野40問(1題1点)
  一般知能分野20問(1題2点) ・・・と書いてある本がある。

 多分後者と思われる。解答時間は3時間。

 専門試験(また憲民刑です。)(択一式40題)が二時間。たぶん1問1点(分からない)

 他に試験があるかもしれないし、何より知りたいのが
 大体何点とれば受かるのか
ということ。

 おおよその合格点が分からないことには、目標の立てようがない。

***

 最後に。「法曹になりたいんじゃないの?」と思われる方へ(というか自分がそう思う)。
 なんでそんなに切り替えがきくのか、自分でも良く分からないですね。半端に(という言い方はおかしいですが)40点近くとってたらこうはいかなかったかもしれないですね。
 もちろん、あきらめたわけではありませんよ。ただ、試験が終わったあとの1週間、司法試験の勉強をしなかったからといって直接来年の合否に影響するとは思えないですしね。

 あーあ、早く遊びたいなぁ。

悪かった試験の出来を読みたい方はこちら
posted by LG18 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律のはなし・受験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月06日

50日目〜店員の耳はネコの耳〜

 迷彩色の街宣車を見かけました。正面に「中国覇権主義粉砕!」との横断幕が掲げられていました。それを見て、大学にあった看板を思い出しました。「ファシスト小泉帝国主義粉砕!」
 あれって同じ人たちがやってるんですよね?

 ・・・これ以上書くと右から日本刀、左から火炎瓶が飛んでくるので止めます。萎縮が特技のLG18ですこんばんは。

 久しぶりに大学へ行きました。用も無いのに。最寄りの駅前に小さなビルがひとつあって、そこの二階のテナントは何が入っても半年もたないぐらいしょっちゅう入れ替わる(駅前なのに客が来ない)んですが、今度は大手の飲み屋が来たようです。考えてみるとつい最近一つ入ったばかりで、それまで大手の飲み屋はひとつもなかった。今度ばかりはもちそうな予感です。(二階へあがる)階段から内装しなおしてました。さすが大手は気合いが違う。

 そのあと、久しぶりでCD店にも寄りました。この店、値段は文句無しに安いんですが・・・

クラプトンを尻に敷くネコ.jpg

 ネコアレルギーの方、入れません。てか、商品の上で寝るなよお前。

 店員「こんなところで寝たらあかんでしょ」(抱え上げる)
 ネコ「にゃー」(全く抵抗しない)
 店員「にゃー、じゃないの」(そのままネコとともに奥へ下がる)
 ネコ「にゃー」

 二回目の「にゃー」は、「みゃー」とも聞き取れる「にゃー」でした。老獪な奴です。全然反省の色がありません。
続きを読む(邦楽の話)

2005年05月05日

TRAIN−TRAIN

 電車に乗っていて、最近「扉閉めます」と告げる車掌や駅員が多くなりました。ビールの泡が弾けるような不快感があるのですが。
 以前は「扉閉めてるのは車掌なんだから『扉閉めます』が正しいだろう」と思っていたのですが、いざそのように言われると圧迫感があります。そのくせ余計なイベント告知だけは丁寧に繰り返したりして。鉄道に限らず、どっちが客なんだか分からないようなサービスが増えてるように感じますが、客の立場に立ったサービスというものを考え直してほしいですね。

 ・・・帰りの電車の車掌の声が読○のアナウンサーに似ていてちょっとだけ機嫌を損ねた大人気ないLG18ですこんばんわ。
 今は巨人ファンからも嫌われるんじゃないですかね。そう考えると同情しないでもないけど。

 先日、たまたまMステ見ていたら浜崎あゆみが映っていて、歌う(?)姿を見ながら、川端康成の「処女作の崇り」(新潮文庫「掌の小説」に収録)をふと思い出しました。
 内容を正確に覚えていないんですが、たしか「処女作の通りのことが実現する(つまり処女作だけはハッピーエンドにしておかないと、祟られる)」というような内容だったと思います。
 「掌」に収録されてる小説は短いものばかりで(短編小説より短いため「掌編小説」と呼ばれる)、見開きで終わるようなものもあります。それでいて質は高い(玉石混交は否めないですが、石より玉の方が多いです)ので、本の苦手な方にもお薦めです。

 「いつだって泣くくらい簡単だけど、笑っていたい。」というのが彼女のデビューシングルの歌い出しです。もちろん彼女自身の作詞です。あとで知りましたが相当の苦労人のようで、素直な気持ちを綴ったものだ(背伸びしていない、という意味です)と私個人は解釈しています。
 この「いたい」というのが、いたかったのではないかと。こう思うわけであります。余計なお世話ですけどね。

 テレビ(生放送)で聞く彼女の声は、街中で流れているもの(録音されたもの)とはまるで別物です。はっきりいって痛々しいです。CDの音源の声はというと、テーピングでガチガチに固めてあります。海南戦のゴリみたいに。(「SLAM DUNK」13巻参照。1億冊以上売れているので書きましたが、分からない方、すみません。)

 「栄光に向かって走る あの列車に乗っていこう」(THE BLUE HEARTS 「TRAIN-TRAIN」の歌い出し)とは、A列車のことなんでしょうか。Aといえば、あゆのAとエイベックスのaが、私には重なって見えます。
 ブルーハーツのことを書こうと思ってタイトルつけたんですが。また次の機会に。

2005年05月03日

遺物

 今日地下鉄の一部区間を不通にするという予定は以前から聞いていて、連休にイベントでもするのか、それにしても不通とは随分大掛かりだな、と思っていたら・・・

 不発弾の撤去作業のためだったそうです。無事作業が終了したとの張り紙を見て始めて知りました。
 60年前のものなんでしょうねぇ(おそらく)。

 戦争と埋没に関連して、「潜水空母」がオアフ島沖で見つかったそうです。
 「伊401」
 もちろん日本製です。

 潜水空母なるものがどれほどすごい技術をもったものなのか、興味のない人に分かってもらうのは難しいことかもしれませんが・・・

続きを読む
posted by LG18 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常・全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月02日

信じるということは

 先生、真理に到達しました。

 「『二日目』は、しんどい。」

 そりゃあれだけテレビで言われれば、分かった気にもなりますよ。
 五月病も明日になれば楽になりますよ。休みですもの。

 信じるということは、何もそんなにたいそうなことではなくて、誰もが毎日やってることなんですね。例えば明日が来ることを誰もが信じて疑わない。人によって違ってくるものももちろんあります。天気予報とかね。降水確率40%って聞いたら、傘持っていきますか?

 ・・・などと言いながら人を信じさせて、「信仰宗教」という宗教はじめて布施で食っていこうか、と(頭の中だけですが)考えたこともありますエセ教祖の卵LG18です。こんばんわ

 もう少し掘り下げることのできる話題ですが、掘り下げてる場合でもないのでやめておきます。
 また後日同じタイトルで続きを書こうと思います。
posted by LG18 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとこと・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月01日

一ヶ月のごあいさつ

 以下の各文に続けて、「ちょっとどうかと思う」または「残念だ」「ナンセンスだ」という意味の語を加えたとき、

 「そう思う」「言われてみればそのとおりだ」と思う場合(賛同)は3を、
 「ややそう思う」「言われてみればそうかもしれない」と思う場合(許容)は2を、
 「そうは思わない」「言われてみてもそれはおかしい」と思う場合(否定)は1を、
 「そもそも何を言っているのか分からない」という場合(判断不能)は0を。
 
 それぞれメモしてください。ただし紙とペンが見当たらない場合は探す必要はありません。
 それでは始めます。

 1.サッカー北朝鮮戦、第三国開催はともかく、無観客試合とは
 2.最近の(とりわけ今日(5月1日)の)天声人語は
 3.気付けば阪神が3位とは
 4.護憲だ、と聞こえの良いこと言って、「『自衛隊は軍隊だ』と明記する」との改憲を考えようともしない左翼は
 5.谷川浩司がA級残留がやっとだなんて
 6.魚群が隣でしか見られない日曜日なんて
 7.最近(町田康以降)の芥川賞受賞作は
 8.っていうか、どこの文学賞でも一度見た作家や作品ばかりが選ばれているけど
 9.「っていうか」という言葉遣いに文句をつけて金儲けしている輩は
 10.このブログ時々読んでるけど、音楽の話なんかろくにないのは

 最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。相手してくださった方(愛想でも)、4とメモしてください。
 さて、その数字を全て足してください(37点満点)。その合計が・・・

 20以上の方。おめでとうございます。あなたもたぶん変な人です。
 10以上の方。今後もごひいきに。よろしくお願い致します。
 それ以下の方。袖擦り合うも多少の縁、「つゆどん」のLG18と申します。以後お見知りおきを。

 まずいないと思いますが、25点以上のあなたは、通天閣の真下が似合う関西の変なおっさんです。

 ・・・。
 それだけかよ(すみません)

 ブログを始めて一ヶ月がたちました。当初のねらいは、一般の方々に司法試験の受験生の実態を見てもらうことだったんですが、そう簡単ではないですね。ただ、内輪(司法試験受験生)で小さくまとまりたくはなかったので、あえてあまり書かなかった、というところもあります。私は変わり者の部類に入ると思うので、あまり参考にならないかもしれません。
 これからも一点に止まることなく、転がりつづけていくことと思います。モットーは「広く浅く」。根っからのミーハーLG18をこれからもよろしくお願いします。

 「この大事な時期(試験一週間前)にこんなブログ書いてるなんて」

 頑張ります。
 
posted by LG18 at 23:52| Comment(2) | TrackBack(1) | ひとこと・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。