2005年05月11日

「存在するとは知覚されることである」

 最近M字開脚が騒がれてますが(騒がれてない?)、まずはW字開脚と呼ばれるようにならないことには男の妄想に過ぎないでしょうね。エロと下品を勘違いしないで欲しい。
 能ある鷹は爪を切る。さぁメッキがはがれてきました裸のLG18ですこんばんは。そしてネタがどんどんコアになっていく(笑)

 やっぱり試験が終わって緊張の糸が切れたのか、いまいち気合いが乗りません。もともと受ける気もなかったので当然と言えば当然なんですが。あとになって後悔しそうな気がして、それが嫌で体裁を繕ってる、という有様です。
 さて、梅雨先取りの湿気た話はこのくらいにして。

 タイトルはバークリーの有名な言葉ですが(公務員の教養試験で覚えたにわか知識だろ、という鋭いツッコミはさておき)、現代の日本の若者を象徴するような言葉だと感じました。もちろんそんな意味ではないことは重々承知しとりますがね。
 気付かれなくてもそこに存在するんですよ。現象学をよろしく。

 トトロの木(クスノキ)が見ごろを迎えています。満開です。
 ちなみにクスノキといえば・・・


続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。