2005年11月30日

♀切れ

 先日、男友達から共通の女友達のその後についての話を聞きました。かつてはイケメンの彼氏をキープしたまま毎週合コンにくり出し、お気に入りの男を見つけては遊び回っていたイケイケのお嬢様だったんですが、寄る年波には勝てず、選ぶ側から選ばれる側へと転落の途についている、とのことでした。同情半分、どうでも良いと思う気持ち半分に聞いていましたが。

 一方LGはと言いますと、誕生日を迎えた女の子にメールを打ったら、返事がありませんでした。大方、私のデータを削除して、誰から祝われているのか分からなくて不審に思っているのでしょう。こっちも削除。
 年賀状を送ったところ、しばらくしてから、メッセージの全く無い年賀状が返ってきたこともありました(また別の子です)。確かに葉書いっぱいに絵が刷られてはいましたけれど。そのときは私の方で困惑してしまって、以後送ることはありませんでした。
 ・・・三段落ちではありませんが、昨晩、意を決して半年ぶりぐらいになる子にメールを送ったら、アドレスが変わっていたようで届かなかったとの返事が届きました。あの、メールを打った後ほどなく届く返信に、かすかな戸惑いと抑えきれない胸のときめきに、他の誰かからかもしれないと落ちつかせながら携帯を開くと、英語っていう。・・・ええデジャヴです、デジャヴですとも。

 以上、弾丸(ネタ)切れ。orz お前友人少ねえなあ、っていう追い討ちだけは勘弁のLG18ですこんばんわ。

 虚しいです。思えばここの自己紹介欄に「好きな……は?:女の子」とか書いてた時期はまだ余裕があったのでしょう。
 女友達という響きが良いんです。響きだけで十分です、実は。その先は修羅場と相場は決まっているから 遠くから眺めているだけで、互いの言葉は届かなくて、親しくなろうとしてみても曖昧な笑みを返すばかりで。もともと話すことも無くて、本当に困った時だけ顔文字に埋もれた中身のないメルを1通送るだけ、という。
 ・・・必然的に切れる関係ですなぁ(笑)そんであの子は可愛かったなあ、って。

 ここまで書いて初めて自分はバカじゃないのかと気付きました。

 続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。