2006年02月20日

モデルケース(言葉の力・前編)

 ――ないことをあることのようにって、どうやって?

 「こないだ働いてるときさ、『牛すき鍋定食並みでつゆだくで』とかいう意味わからん客が来てさ、意味わからんやろ? もとからつゆだくやっちゅう話で。それでからかい半分で鉄鍋ひたひたにつゆ入れて出したら、その客それ全部飲んだんよね。ありえなくね?」
 とか言ってあとは適当に前後繋いだら、吉野家の店員だということになる。

 「ちょっと聞いてよ、やっとこの仕事慣れてきたと思ってて、いつも通り掃除しに部屋入ったら、いきなりコケたの! でさ、はじめ何が起こったか分からんくてさ、起きあがってみたら超ビックリ! 床がローションまみれでぬるぬるべとべとなんよ! もう信じられへんくてさ。も〜お前ら何やらかしてんとか思って。その日その部屋のせいでめちゃ残業やってんから〜」

 体験談を入れれば体裁が整う(自分の場合、会話形式にしたらさらにやりやすい)のは確かですが、私が言いたかったことはそういうことではないということを、また次にでも。

 注釈を読む
posted by LG18 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常・全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。