2007年01月20日

信じるということは(4)

 「20世紀少年」という漫画を読み始めたのはちょうどこの仕事(葬儀屋)を始めた頃だったと思うので、「ともだち」と友人葬が繋がるのは、そう難しいことではなかった。友人葬というのは創価学会の執り行う葬式の呼び名です。漫画の話は私がするより読んでもらったほうが早いので、「ともだち」は「友民党」なる与党を組織しているとだけ書いておきます。この作者は某大物歌手も好かんのでしょう。

 知識としては知っていたが、先日初めて友人葬をやりました。尋常じゃない。大の大人が数百人集まって、小一時間両手を合わせて「南無妙法蓮華経」と唱え続ける。隣で別の式をやってることなんて全くおかまいなし。焼香に案内しても歩きながらお題目を唱える。ただし統制が取れているというのか、こちらの言うことには比較的素直に従う(もっとも、黙れと言っても黙らないだろうが)。
 私の目がおかしいのかもしれないが、彼らの目は、おかしい。やたらに瞳に力があって、視界が極端に狭い感じがする。「20世紀少年」という漫画はどちらかというと好きではないが、あの目は良く描けていると思った。

 信じることの強さを儀式という象徴で目の当たりにした。彼らは年収が300万無くっても、一生バイトで肉体労働でも、文句を言わずにせっせと公明党に票を投じるだろう。何かを信じることは生きるために必要なことだと思うが、どうせならもう少し実体のあるものを信じたい。たとえば金の方が、まだしも実体的じゃないか? 私は金の亡者じゃないけど。

 くれぐれも断っておくが、私は創価学会を否定しているわけではない(そのレベルになれば、否定するのも肯定するのも同じことだ)。宗教勘の鈍い日本人から見れば異質であっても、宗教そのものとして特に異質とは思われないからだ。その意味で、宗教そのものに、否定とは言わないが懐疑的であると言えるかもしれない。
 そして、私の言う宗教とは神に祈るものだけを指すのではない。納豆がダイエットに効果的と聞くや、飛びつく。誰が言ったかと問えば、テレビが言ったという。占いもそうだ。
 どうせならもう少し、実体のあるものを信じたい。私はそう思う。

 続きを読む
posted by LG18 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと・主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おまけのつもりが〜信じるということは(5)

 神様の存在は人間が編み出したことの証明が、一つある。信じる者は救われるということ。
 「信じる者しか救わないセコイ神様拝むよりも〜♪」と歌った歌手がいたが、誰のために信じる者のみを救うかといえば、信じる者のためだ。つまり人間だ。信じない者が救われたのでは、信じる者が救われない。神様は信じるものしか救ってはいけないのだ。神様が実在しようがしまいが、そう決めたのは人間なのだ。

***

 友人は、(日本人の)宗教に対する猜疑心には、世代により程度に差があるように思うと言った。私は「そんなことはないだろう」と考えずに応えたが、考えてみると差がある。
 私の母は「昔は良い時代だった」が口癖だ。何もしなくても春になれば給料が2割増で、社内での定期預金は利率8%。限度額は300万だが、年に1度24万円もらえるのだからちょっとしたボーナスだ、と。
 ちょっとした、どころか、物価と近況を鑑みれば、立派なボーナスだ。確かに良い時代だ。私には想像もつかない。
 話が飛躍するが、この頃は、(日本の)社会全体に通じるものがあった。良く言えば「秩序」だろうか。忍耐や労働を美徳とするものも、その一つだ。団塊の世代が横一列の教育を受けて育ったことも無関係ではないだろう。端折って言えば、この頃の日本人は共通の宗教の上で「良い時代」を過ごしていたと言える。大義の下である程度自分を抑制することを是とする人間ならば、特定の宗教に対しても(そういう土台のない)我々以下の世代よりも抵抗感が若干たりとも薄いのは当然だろう。

 私は宗教が信じられないから不安定な人生を送っているが、別に不幸とは思わない。さらに利口とは思わないが。
posted by LG18 at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと・主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。