2007年02月11日

寝ている頭の方がセンスが良い

 私は飼い犬を連れて散歩から帰ってきた。すると門のところで老犬が待ち構えている。飼い犬の老後の姿をした老犬である。飼い犬は老犬に見向きもせずに、すれ違って門を入っていった。
 門に括られていた老犬は私に甘えてきた。年のわりには執拗だった。私は受け流しながら、少し困惑した。老犬はのどが渇いているらしいので、めだかの泳いでいる蹲(つくばい=庭に置く用の大きな壷のようなもの)を門のところまで運んでやった。すると老犬は鼻を深く水に浸し、口を開いて人間のようにがぶがぶと水を飲み始めた。傍で見ていて明らかに飲み過ぎであるが、それでも老犬は水を飲むことを止めなかった。
 そのうち、老犬は蹲を倒してしまった。私は土の上でぴちぴち跳ねるめだかを一匹づつ拾い、蹲の中に戻していった。半分ほどは頭がなく、いかなごのくぎ煮のようだった。老犬は、めだかを拾おうと屈んでいる私に乗りかかって甘えてきた。年のわりには元気だった。

***

 目が覚めて後一時間ほど、飼い犬が先月死んだことを忘れていた。若い頃(「飼い犬」)は可愛がってやったこともあったが、最後数年(「老犬」)はほったらかしだった。犬が夢で語りかけてきたというのではなく、私の心の問題だ。
posted by LG18 at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

発色試験薬

 繁華街に一件、出店がぽつりとあって、「カラーテス」と書いてあるように見える。逆さに読んでもステーラカ。何を売っているかは匂いで分かるが、カラーテス。
 きっと「カラーテスターがおまけでついてくる」っていうのを書ききれなかったんだな。

***

 井川投手が現地で取材を受けて。
 通訳←記者「ポサダ捕手とのコミュニケーションはどうやって取るか?」
 井川「イヤ、普通に……、言葉で。」
 通訳「…I'm training English.」
 記者「Hum」
 通訳って大変な仕事だなあと改めて思いました。一方で井川は、ちゃっかり結婚なんかしてたりして。

 私もどちらかというと井川のような物言いをするので、社会では肩身の狭い思いもしていますが、こういうものはなかなか修正がきかないものです。言葉には気をつけないと。

***

 カラーテスターは、口に入れる(ための)ものでありながら「飲み込んだら寿命が縮まる」と自分たちが囃したてるのを、先生もあえて止めなかった。のちに「発ガン性物質を含む」と(先生から)聞かされて、使用しなかったこともありました。
posted by LG18 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 日常・全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

読む方にさえ支障なければ。

 知らないうちにブログが一新されていて、自分のCSS(外枠)が(新しく)使えなくなっていた。

 どうということはないけれど。
posted by LG18 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとこと・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。