2007年03月29日

恒例行事

 プロ野球(セ・リーグ)順位予想。
 まずは去年を振り返って。

 予想(詳細はこちら
  1位:横浜
  2位:中日
  3位:阪神
  4位:ヤクルト
  5位:巨人
  6位:広島

 結果
  1位:中日
  2位:阪神
  3位:ヤクルト
  4位:巨人
  5位:広島
  6位:横浜

 ご覧の通り、首位と予想した横浜が最下位だった一点以外は、100%の的中です。そのことを友人に話すると「それ一番駄目な外れ方だろう」と、もっともな指摘をいただきました。
 さて今年は。。。

 今年の予想。
 中日は1〜3位、阪神は2位か3位、ひょっとしたら優勝、またはBクラス転落。ヤクルトと巨人が5割前後で3位か4位、ただしヤクルトは化けるかもしれない。残りが5位と6位。
 やはり中日が頭ひとつ抜けているが、連覇するほどでもないだろう。ただ、阪神と首位争いすると考えると、阪神では勝てない。ヤクルトが去年に引き続き読めない。巨人は去年よりはマシだが、中・神・ヤのうちの2チームより上に行くことはないから3位が最高。残りは埒外。
 予想1(本命)
 1位:中日 2位:ヤクルト 3位:阪神 4位:巨人
 5位:広島 6位:横浜
 これでは去年とほとんど変わらず、予想として面白みがないので、予想2(番狂わせ)
 1位:ヤクルト 2位:中日 3位:巨人 4位:阪神
 以下略

 書いてみると予想2の方がしっくりくるんですが、何せ去年がアレだから、なんともいえません。横浜が優勝したりして(笑)

 最後に阪神ファンとして個人的に阪神の希望をいうと、今年は優勝しないというより、してはいけない。4位で良いから、投手と捕手と浜中を育てて欲しい。

2007年03月24日

幾度目かの春

 また新しい春が訪れます。過剰な期待を抑えようとする、浮ついた興奮状態で迎えています。

 さて、自分の物語をどこまで聞き容れてもらえるだろうか。また新しい物語をどれくらい響かせてもらえるだろうか。今までの数々の失敗が理性を働かせるが、この高揚感は何度味わっても良いものだ。

 まずは社会に出てからこんな機会を与えてくれたことだけでも過分の沙汰と感謝します。
 今日、女の子と飲みに行きます。ただそれだけのことです。
posted by LG18 at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常・全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

がんばれプリサイスマシーン!

 2003年6月29日、私は友人と連れ立って宝塚記念を観に行った。有馬記念以来の出走となった王者、シンボリクリスエスと2着タップダンスシチーの再戦、さらにこの年3冠のかかるネオユニヴァースの殴りこみにバランスオブゲーム(笑)と、久々に役者の揃ったグランプリだったからだ。
 朝一で阪神競馬場に乗り込んで意気揚々と馬券買って遊んでいた。

 ところが、午をすぎたぐらいから、怒涛のように人が押し寄せてきた。みんな、考えることは同じだったのだ。パニック障害をもつ連れの友人は「人ごみは嫌いだ」と泣きそうな顔でつぶやくと、私に構わずさっさと帰ってしまった。今日は朝から負けっ放しだし、人はまだまだわらわら来るし、友人は帰ってしまうし……私も帰ろうと思ったが、せっかくだから(何がせっかくなんだか)函館のレースも買おうと思った。名も無い条件戦(調べると「駒場特別」だった。当たり前だが名はある)。人気は……マシーンだって、何だこの馬。馬なのに機械なのかよ。しかもマシンじゃなくて、マシーンって。面白いから買ってみよう。

 ……実はそれが、私にとって競馬で勝った唯一の経験です、今のところ。負け惜しみじゃなくて、馬券を買わなかったら、3、4回に1回は当たる。でも買ったら全然駄目だ。だからプリサイスマシーンは忘れない。
 という具合に、私にとって過去の馬になっていたのだが、次(25日)の高松宮記念に出走するじゃないか。まさかまだ現役で走ってるとは思わなかった(だって9歳よ?)。

 私は土日が休みの仕事じゃないから、実現するか分からないけど、買えたら必ず買おうと思う。そんな買い方(情が移ってるよう)では勝てないよ、と言われても結構。4年馬券を買っていない私にとっては、勝つことが目的ではないのだ。

2007年03月13日

パンドラの布団

 夜中に仕事が入ると、飛び起きて現場へ向かわなければならない。昼間と違う点は、寝てるか起きてるかだけの違いだけだから、わざわざ書くほどのことでもない。経験が絶対的に少ないことを考えれば、先輩社員のアドバイスが聞けないことも夜の仕事の難点だろう。
 また、病院で亡くなる人が圧倒的に多い昨今においては、自宅で亡くなった人を相手に仕事をするのは、一苦労なのだ。病院がしてくれることを自分でしないといけない。

 先日、夜中に自宅で亡くなったと電話が入った。行ってみると、布団を被っているが、警察の検視が入ったため、服を着ていないという。頼まれたので仕方なしに浴衣を着せることにしたが、下着を着けないわけにはいかない。
 蛍光灯が煌々と部屋を照らす。「テンション下がるなあ」と2,3回言ってくれる先輩はいない。臭気は言うまでもない。
 恥部から目をそらして着せることができないわけではないが、好奇心が勝った。そして私は布団をめくった。

 私が×回目に女性器を見たのは、50代の女性で、死んだ人のものを覗き見た。反射的に視線を反らしたが、間に合わなかった。その言い方は、見ようとして見た者にしか、当てはまらない。
 ×に1が入らないのがせめてもの救いであるが、若い数字には違いないし、何より回数の問題ではあるまい。精神に次いで、肉体においても「女性」に期待するものを見失ってしまった。
 生きてる若い女性の性器であろうとも、(多少なりとも)盲目でなければ正視できるものではあるまい。気づいたのが遅かった。
posted by LG18 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。