2006年01月19日

「あんな奴、死んで当然だ」って、言うじゃない?

 少しご無沙汰でした。雨の中を傘もささずに走って軽く風邪をひいてますLG18ですこんばんわ。いい加減半角か全角か統一しろって話ですが。

 随分長い間記事を書いていないように感じて、半ば発作的に書き始めています。風邪をおして無理に書く理由もないのですが、それまでサボっていたことで何かに追われているようです。これも貴重な体験です。
 ネタは溜まっていく一方で捌ききれないフラストレーションもあるにはありますが、こんな日に使ってもモノにはならないので、一番用意できてない題材を使います。

 最高裁、宮崎勤に死刑判決。

 ヒューザーの社長の国会での証人喚問や神戸の震災を抑えてのトップニュースってやつですね。
 判決自体に異論はありませんが、あまりに偏った見解がこれほどまでに通用しすぎると、危惧を感じざるを得ないです。

 「あんな奴、死んで当然だ」「今までのうのうと生きてるなんて」って言う人(特に50代以上の人に多いと思うんですが)のほとんどは事件および捜査や公判とは無関係で、被告人と面識すらないわけですが、その事実に相応するポリシーやプライドを持って「死んで当然だ」と言ってるんでしょうかねえ。それがまた「ゲームで簡単に人を殺すから人の命の重さが分からないんだ」とか言う人の口から出て来たりするものだから、私にとってはさっぱり意味がわからんのですが。
 伝わらない人に痛い喉をからしてまで言うつもりもありませんが、私とて面識すらない宮崎某の肩を持つつもりも義理もありません。ただ、罪は裁かれるべきであるという主張と、某が殺されるべきであるという主張は別問題です。

 裁判官が言い渡す「被告人を死刑に処する」と、被害者の関係者の言う「死刑は当然だ」と、それらの報道と、あなたの言う「死んで当然」は、その全て、持つ意味が違います。当たり前のことです。
 でもその当たり前のことすら、どうも分かっていないらしいのが首相をやってる国のことなので、どうにも不安です。

 はっきりいって、見も知らぬ他人が死刑になろうと知ったこっちゃない。
 ただ私が恐れるのは、言われなき罪で自分が殺されるのみ。

 「いつか自分が加害者になった時のために、今から加害者の立場を有利にしておこう」今回私の意図が汲めない、受け入れられない、という方は、そのように理解して頂いて構いません。人道主義者の人権擁護主義者のと、漢字のかたまりで括られるよりはそっちの方が余程近いです。
 マラソンを0秒で走ることは不可能だけど、蚊を殺したら死刑っていう世の中は、不可能ではない。

  「あいつは死んで当たり前」(俺は生きてて当たり前)おやすみなさい
posted by LG18 at 23:58| Comment(5) | TrackBack(0) | 思うこと・主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりにコメントさせていただきます。LGさんの思いはいつも熱く、しかし理路整然と語られていて、老舗のできたての天丼みたいですね(^^)

こちら今日再読し、最後の「1句」は「1首」の誤りと思って読んだのですが、「おやすみなさい」まで込みで読んでました。勘違いでしたらごめんなさい。でもこれを削除すると、俳句の自由律系か短歌か微妙な感じがするんですけど、短歌に七七七七の形があるんですが、文字数からいってやはり短歌?と思ってるうちに、わからなくなってしまいました。詳しい人に聞いておきます。
それから文中の「あんな奴、死んで当然だ」「今までのうのうと生きてるなんて」も、もしや1句もしくは1首なのでしょうか。
Posted by yukka at 2006年01月30日 00:10
追伸‥某氏に聞きましたら、某氏持論かもしれませんが、「短歌として差し出されたものが短歌が鉄則と思ってる」ということでした。
そんなわけでというわけでもなくそうなんですが、上記短歌か俳句かと拘った個所は却下させてください^^;
Posted by yukka at 2006年01月30日 23:48
上記追伸「」内訂正
「『短歌として差し出されたものが短歌』が鉄則と思っている」
にお願いします
Posted by yukka at 2006年01月30日 23:55
 コメントありがとうございます。理路整然なんてとんでもないです。穴だらけですよ(笑)読んでて息苦しい記事ばかりですし。

 「一句」は「一首」の誤りです。というか、「句」と「首」の違いを明確に認識してませんでした。ひとえに私の不明によるものです。申し訳ないです。
 コメントを読ませていただいた限りでは、某氏の方がどのような意図で言われたのか(LGを非難する意味合いの有無等)が分かりませんが、こちらで「一首」と書いたうえで、それを読者が短歌ととるか俳句ととるか散文ととるかの問題だ、という風に理解しております。

 まずは誤りのご指摘ありがとうございます(後のために該当個所の訂正はしませんけれども)。そしてまた、短歌とは何なのか(字数を揃えれば短歌なのか、作者が短歌だと言えば短歌なのか)という問題を提示していただいたこと、重ねてお礼申し上げます。
Posted by LG18 at 2006年01月31日 23:04
「LGを非難する意味合いの有無」は全く関係ないんです。私が「(一般論として、に近いかな?)短歌の定義って何?」のように聞きましたら、某氏の常日頃の持論を答えてくれたのでした。
とりあえずこちらだけお伝えしときますね。
ではでは。また引き続き拝読させていただきます。
Posted by yukka at 2006年02月01日 00:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11948451

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。