2006年01月31日

情報は重要だ

 有史以来、最も広範囲にその支配力を及ぼした国家はモンゴル帝国で、それはいま日本でチヤホヤされているローマ帝国の比ではないですが、その繁栄を支えた要素の一つとして、彼らは情報を非常に重要視したと言われています。他国との戦争時はもちろんのこと、繁栄を遂げたのちもジャムチ(站赤・モンゴルの言葉で道という意味らしい)と呼ばれる、今で言う道の駅にあたるものを一定距離ごとにもうけ、伝達者はそこで馬を乗り換えて遠距離へ情報をいち早く届けるのに役立てたということです。歴史的にみてイスラム世界が数学や医学において欧米よりはるかに進んでいたこともそうですが、イメージだけでアジアやイスラムを野蛮だと卑下したり、欧米(というかアメリカ)を崇拝するのは止めましょう。仮にも皆さまからの献上金だけでやっていってるんですから、って、話が変わってしまいましたが。

 だから、一風堂がミナミにもあるということを教えてくれただけで、その住所まで控えてくれたおかげで店をみつけることができた(私には住所だけで迷いなく場所を探し当てられる疑わしい特技がある)というだけで、並ぶどころか行列を見るのも嫌いで有名店には足を向けない私に赤丸の方が美味だと教えてくれただけで、十分なわけです。博多まで行ったってどこにあるのか分からなければ一風堂のラーメンを食うことはできないわけですから。

 昨日の記事の続きでした。
posted by LG18 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとこと・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。