2006年03月08日

読書遍歴(外濠を埋める作業)

 中学校に上がったばかりの頃に、自己紹介カードなるものを書かされて、全員の分を教室の後ろの壁に張り出してあって、自分のロッカーのすぐ前にある女の子のそれが張ってあったのですが、その子の「尊敬する人物」の欄に「三島由紀夫」と書かれていて、その理由の欄には「三島由紀夫の小説が好きだから」と書いてありました。そして、好きな本の欄には(大半の人間が空欄か、漫画などを書いてる中)、潮騒と書いてありました。
 当時の自分はといえば、一度も読みもしないのに三島の作品は「難しい」と思いこんでいて(なぜなのかは未だに分からない)、そもそも「潮騒」自体の読み方を知りませんでした。(「チョウソウ」ではありません。念のため)自分に理解できないものに耽溺してるものだからこの人はすごく頭の良い人なんだと思ってました(まあそれは実際そうだったんだが)。
 かくいう自分も、一応小学校6年のときに夏目漱石の「坊ちゃん」や「吾輩は〜」を読んではいた(そしてそれらは以来一度も読んでいない)のですが、字面しか追えていないのは当時の自分にも明白で、例えば「細君」の意味を知らないまま最後まで読んだとか、読んだうちに入りません。
 「吾輩がこう、柱で爪をちょっと研ぐと、すぐに細君が怒り出して」云々というわりかし有名なくだりがありますが(小学生の記憶なんで文章はフィーリングです)、それなんかも誰が怒り出したのかわからないまま読み進んでる。細君というくらいだから細い人なんだろうな、とか。作者自身だと思って読み進んでいたように記憶してますが、作者らしき登場人物はまた別にいるからこれがよく分からないと混乱する。そのくせ「夏目漱石は神経質だった」などという話を聞かされると妙に納得したりして、神経質なときの作者を「細い」と表現しているのか、などと得心したりしてました。めでたいくらいの馬鹿野郎です。

 私は「仮面の告白」だけ3冊も持っていて、他に無駄に同じものを持っていることはないのですが、そのくらい、読もうと思っては挫けて、それを忘れて、というのを繰り返しています。三島といえば上に書いたような記憶が浮かぶほど、一種のコンプレックスに陥っているといってよいでしょう。
 そして今、「春の雪(豊饒の海・第一巻)」を読み始めました。私はこれまで、「仮面の告白」のほかにも「金閣寺」や「幸福号出帆」などにも手を出して失敗してます(「レター教室」とか「文章読本」とか、軟派(?)な方はすらすら読めた)が、今回はこれまでで一番読みやすいです。末期の作品で文章が洗練されているということと、私が今まででもっとも年をとっているということの二点でもっている様です。
 最近ようやく気付きましたが、私はもともと小説を読むのがそんなに好きではありません。皮肉にも、最近ようやく小説の面白さに気付きかけたところですけども。

 「春の雪」は、非常に面白いです。電車で読んでて笑いをこらえるような面白さです。ただし読んでいて非常に疲れます。海外文学譲りの無駄な熱はともかく、あんなにも絢爛たる文体で、言葉の贅を尽して、何が言いたかったんでしょうか。比喩はもとより、体言止めや倒置法などの修辞は見事なまでに光っていますが、それらの技法の洗練は彼にとって何の価値があったんでしょう。
 それはこれからおいおい読み進んでいくところです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。