2006年07月20日

強制イベント

 今更ですが、兄の嫁と馬が合いません。
 結婚するまでは無関係を貫いていたけど、新婚旅行ベイビーを子宮に孕ませて時折自宅に現れるようになっては、そういうわけにもいきません。
 私の個人的なことを根堀り葉掘り聞くので、うざったくなって「うるさい」というようなことを言うと、「軽く流しとけば良いのに」と言われました。それができれば苦労は無い。
 思えば、自分が選んでいない女と口を利くのは初めて、です。一度きりの飲み会であれば、ドン引きさせることも食いつかせることも思いのままですが、この関係は継続することを前提に考えないといけないし、兄にも流れる話だからいい加減なことも言えない。「親戚付き合い」には不慣れな都会人LG18ですこんばんわ。PCを買った友人がネットも引くと言ってるので、適当に記事を更新しておかないと義理が立たない。
 「個人的なこと」「食いつかせること」というのは恋愛の話です。特に、過去の話にも食いつく心理が理解できない。私自身は恋とも愛とも思ってないけども、もしもきっちり文章に描き切れたとしたら、(恋愛)小説として売れるくらいの経験はあります。だけどそれがなんだって言うんでしょうね。たとえば心から愛していた人が若くして悲運の死を遂げたとか、その類の(不幸な)ことは大抵の大人は経験してるだろうに、それを物語に仕立てあげて……酒の肴にすら値しない。

 自身の糧になると盲信しながら癒えない生傷を引きずって、次の旗を目指す。私には「失恋」の経験はありませんが、物語に成り下がった経験ならこちらから願い下げです。

 兄嫁については、世の大半の女と何ら異なるところはないから、好かんのは割りきって対処法を探すのが賢明でしょうな。

 続きを読む
posted by LG18 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常・全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21234182

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。