2006年10月06日

坂上二郎は帰ってきたけれど

 山崎ハコの「飛・び・ま・す」を聞きました(リンク等「プロフィール」参照)。「飛ぶ」という言葉の意味を、この年になって理解し始めた私の心には刺さります。

 私は今 旅立ちます
 自分の心に向かって 飛び始めるのです(「飛びます」より)

 歌い出しの大仰な展開について、「鼻につく」と友人は淡白な反応でしたが、そう一筋縄ではいかない。この歌だけでなく、高村光太郎にしろ草野正宗にしろ窪塚洋介にしろ、ねぇ(苦笑)。人に生まれて一度は飛べたら良いなとは思いますが。

 山崎ハコからの展開としてもう一点、彼女はデビューアルバム(当該アルバム)だけが売れた、いわゆる一発屋と位置づけられています。沢木耕太郎か誰かが紹介していた彼女の言葉に、「デビュー作にはデビューまでの私のすべてをつぎ込めたけど、その次の作品にはデビュー作から次までの一年かそこらのものしか出せなかった」というようなものがあって、作者はそれを非難していました。

 高まる期待に応えられなかった、ということも大いにあると思われます(それを安易に非難することはできないな、というのが一素人の見解です。同情というのではなく)。一度売れてしまうと、ファンが作り上げた偶像に応えたり、壊したり、争ったりしなくてはならない。それだけ精神力を削がれながら、一方で純粋に創作を求められる(自分自身に)。

 一発目から飛んで、あとも濁さず良いじゃないか。回って回って回って落ちる人もいるんだし。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。