2006年11月03日

生き延びる知恵

 あるとき知人に「紙幣って、改定するたびにどんどん安っぽく、薄っぺらになっていくなあ」と話を振ったところ、「使えりゃ何だって良いやん」と言われたことがあります。私の投げかけに対して肯定するでも否定するでもなく、話題を広げたり、あるいは転換しようという気もない、無関心そのものの受け答えにいささか呆れた記憶があります。

 今、いじめの問題が盛んに報道されていますが、一連の全てに関して、私は肯定も否定も抱かない。報道が煽ってると言ってみても根拠はない。あるいは、誰だって思い悩む時期はあるものだと十把一絡げに否定したところで、首を吊った、あるいは吊りかけた子供の心境が分かるわけではない。たとえ私が首吊り縄に手をかけたことが一度や二度でなかったとしても。

 長くてもたかだか十年我慢すれば、オフスプリングの「THE NOOSE」なんか思い出しながらアメリカっぽい(AMERICANA)なぁ、なんてバカなことを考えて傍観(無関心)を決め込んで、欲しいジュースぐらい好きに飲みながら行き帰りできるのになぁ、とは思いますが。

 どうせそう遠くない将来死ぬんだから、わざわざ死ぬこともあるまい。
 どうせ死にたい理由なんて、くだらないことに決まってるんだ。自分が考えるものだもの。
posted by LG18 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと・主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27134681

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。