2006年11月29日

記事が更新されない理由

 先日「無関心そのものの受け答えにいささか呆れた記憶があ」ると書いたが、何のことはない、かくいう自分も大抵のことを表現する気力が失せていることに気付いた。

 先々週の末くらいに、久しぶりの友人に会ったときのこと。
 友「なんで女の子の髪が長いかが分かった」
 LG「なんで?」
 友「もうちょっと考えろよ」
 LG「伸ばしたからだろう」あまりに投げやりな様子に、友人は笑っていた。
 友「『伸ばしたいから』じゃ理由にならん」
 LG「違う。『伸ばしたいから』じゃなくて、『伸ばしたから』だと言った」
 これはいけない。しかも友人に言われるまで、自覚すらなかった。

 就職活動してた頃は「何に対しても自分なりの見解をもち、かつ他人の価値観を否定せず慎重に検討する点」を「自分の長所」として挙げていた。現時点で思うことは(正しいかは別として)、自分なりの考えがなければ、他人の見解を検討吟味することはできないということ。叩き台(自分なりに「女の子が髪を伸ばす理由」を考えること)がなければ、肯定否定の基準すら立たない。

 いつから考えなくなったかを考えると、働き始めてしばらくしてからだ。働き始めて実に色々なことが見える様になった。たとえば、坊主と大学教授はなぜあんなにも大勢の前で、誰もが聞くに堪えないような話を長々とできるのか、とか。特段の意識を持たずとも、働いて数ヶ月で立ち居振舞いも変われば言葉を選ぶようにもなる(それでもまだまだ不足だが)。

 それらと自分の考えを持たなくなることの関連は解らない(あまり考える気が起こらない)が、このままでは「つゆどん」に記事を重ねることはできないし、それは現時点での私の望むところではない。
 学生時代、クラブのOBが飲み会で「社会にぶくぶくと潜っていって、何年か経って、ふたたび水面まで浮かび上がることができたら、良い作品が創れるんじゃないか」と言ったらしい。
 月2、3回の更新では続けているとは言えないが、いつかまたガシガシ書きたいと思う。誰もが呆れるようなくだらない記事ばかりを。それまで気長に待ちつつ応援していただければ、幸いに存じます。
posted by LG18 at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとこと・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。