2005年05月12日

ウケないポジティブ・シンキング

 妹「お兄ちゃん、入れて」
 兄「いやだ」
 妹「入れてよ、おねがい」
 兄「だめだ」(妹をからかっている様子で)
 妹「おねがい、早く入れて。濡れちゃうよ」
 兄「・・・しょうがないなぁ、入れてやるよ」
 妹「ありがとう、お兄ちゃん」

 妹は無事兄の傘の中に入ることができたようです。
 朝から強い雨降りでしたが、仲の良さそうな兄妹のほのぼのとした光景を見せてもらったなにわのマット・デイモン、その心は雨(降らし)男のLG18です、こんにちは。

 昨日の書き込みは墓穴を掘ったな、と思った箇所があったのですが(どことは言わないし、修正もしていない)、「墓穴を掘る」というのは、自分から自分を追い込むようなことをする、という意味で用いられるのが一般です。
 しかし、考えてみるとおかしくないですか?

 別に自分の墓穴を自分で掘ったからといって、早死にするわけでもなし。相手と決闘していて、それも「先に相手を埋めた方が勝ち」みたいな子供じみた決闘でもないと、この慣用句は命題として成立しません。
 もちろん、感覚的にはわからないこともないです。すなわち、相手を倒すというときに自分の墓穴を掘る、というのは、既に(気概で)負けているも等しいと考えることはできます。「小次郎、敗れたり」という、アレですね。業界だったら「択一の試験前から適正試験の対策してる」みたいな。これでは択一に受かるはずもないという。

 慣用句にケチをつけても意味はないけれど、今の時代に決闘を前提に物事を考えることは少し無理があります。すなわち、「墓穴を掘る」ということは、自分の死に支度を自分でしているのだから、他人に迷惑をかけないで死ぬ、つまり「立つ鳥跡を濁さず」みたいなイメージをもつ方が当世風だと思うわけです。
 もっと言えば、「死ぬ覚悟ができている」という意味にも取れるのではないか、その場合、決闘を前提としても矛盾しない、と。
 應徳は出てきませんが
 私はこまめに遺書を書き換えていた時期がありました。とはいっても(当時は)学生風情なんで、せいぜい「お父さん、お母さん、そしてクソ兄貴へ。悲しまないでください。人間というものはいつか必ず死ぬものであって、私が人間である以上、私が死ぬのが今日であっても何の不思議もないのです・・・」という程度のことしか書けませんでしたがね。もっとも今書いても、仮に生きていたとして何十年か後に書いても、やはり同じようなことしか書けないだろうと思いますが。
 そんな調子で、明日死ぬかもしれない、今日死ぬかもしれないと思いながら生きてまして、彼女ができたときも同じことを言ったのですが、家族に告げたときと同じように
 「縁起でもないことを言うな」という内容の言葉を返されて、どうにもやりづらかったのを覚えています。死んでからでは言えないから生きてるうちに言っとかないと、と思ったんですが、どうやら他の人はそんな風に考えてはいないらしい。
 縁起でもあろうがなかろうが、言ったからといって死ぬわけではない(し、逆もまた然り)、というのが私の考えなんですが。

 人は誰でもいつかは必ず死ぬ、という大前提も、自分が人である、という小前提も、誰もが理解しているのに、自分が死ぬ、ということに関しては理解していない人が多いようです。かくいう私も当時とは違って「今(だけ)はなんとしても死ぬわけにはいかない」などと甘ったれた考えをもう数年にわたって抱き続けているので、理解していない一人であるといえます。
 私自身について、昔と今とで何が変わったのか、一言で言えば「死ぬのが怖くなった」ということでしょうね。見栄でもなんでもなく、少し違いますが、言葉で表すとそういうことになります。

 今、健康がもてはやされています。もてはやされすぎです。
 今、白髪を染めている女性が多いです。多すぎます。

 孫が成人式を迎えて「私は『おばあちゃん』じゃない。」
 だったらお前はなんなんだバカヤロウ、っていう(笑)。

 死を遠ざけようとする、その気持ちは人として自然だと思うし、そういうことを意識してやっている人(つまり、やりたくてやってる人)には何も口出しする気はないんですが・・・
 なんだか、老いや病人が否定されるというのは、生きてる人間としていたたまれないですね。

 私と同じように考える人がいたとしたら、たぶんその人は「昨日みたいな今日だ」とか、「今日はくだらない一日だった」という考えは起こり得ないと思いますが。まぁあまり多数派ではないみたいです。
 この話題に関しては、私も一人前にSMAPなわけで、あえて書きましたが、どうでしょうか。
 私が(客観的に)これを読んだら「他人の気も知らないで」と思いますね。やはりSMAPは偉大だ。
 
 私は今からでも墓穴を掘りたいです。
 ・・・墓地を買う金があればね。
posted by LG18 at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと・主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。