2005年05月29日

ニートアレルギー

 「さくらんぼ」(大塚愛)を聞いて甘酸っぱい気持ちになれる、文字通りのミーハー心を兼ね備えているLG18です。こんばんわ。
 ハモれます(簡単)が、歌う人がいません。もっともカラオケでこんな曲歌われた日には私トイレ行くふりして帰りますけどね(笑)

 幻影を見させてくれる本物のアイドルは(アイドルとして)リスペクトします。今のところ陽(気な幻影を見させてくれる)の横綱が大塚愛、陰(以下同じ)の横綱が柴田淳です。好みの問題に過ぎないと思うのですが、やはり陰より陽の方が人気があるようです。それは結構なんですが、売上とパフォーマンスが正比例してる感じで、やりすぎですね。あれでは全てが幻影で、ついていけないです。
 最近いろんなところで思うのですが、会社って本当にもうかりさえすれば何でもいいんですね。法律はともかくとしても、道徳や倫理なども儲けるための道具か、そうでなければ邪魔でしかないらしい。

 さて自分は、試験が終わって本格的に腑抜けてきてます。勉強はおろか、試験勉強中にもらった知人友人からのメールも未だに返事する気が起こらないままです。
 法律系の受験生にはまだ大イベント、すなわち学生型ならロースクールの適性試験(大学入試におけるセンター試験みたいな位置づけの試験です)、就職型なら国家2種試験等が残っているのですが、自分は適性試験の願書を出して2種を出願せず、それでいて職探ししてるような人間だから、早い話ミスしてしまいました。
 はっきりいって、今から2年も金払ってまで勉強続けて、モノになる保証など全くない危ない橋を渡る気はありません。自分は構わないが周囲が迷惑だと。まずは事務員でも何でも働いて、それでどうしても面白く(あるいは食え)なければ辞めて、試験勉強はそれからでも全然遅くないだろう、と考えています。
 常識的にも、先のことを考えても、法律を捨てない以上、試験は一刻も早く突破しておくべきですが、それがどんなに正しくても、その通りに進めない(実際に突破できないという意味に加えて、突破に向けて進めないという意味を含む)のが自分の良いところで(もあり、悪いところでもある)。

 6月開けたら裁判書事務官の結果が出るので、それを見てからまた動きだそうかしら。それまで冷やかしで事務所回りでもしようかな。
 最近周囲から「ニート予備軍」とか囁かれるのですが、脅迫観念が起こります。「ニートなんて言葉が怠け者をのさばらせるのだ」と怠惰な政治家先生が言っておられましたが、少なくとも私にとっては言葉そのものが脅威です。

 ・・・こういう記事は「つゆどん」には相応しくないことは承知しているのですが。
 もうしばらくのご辛抱を。
posted by LG18 at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常・全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。