2005年06月16日

「LG18麗しきフリーターの一日」の巻

 明日のためにも早く寝ないといけないんですが、最終急行で帰ってきて、テレビつけたらやってます日本ユース、ベナン戦。現在前半28分ですが、日本はボールが繋がらない・・・いやいや。よい子は早寝早起き。LG18です。

 今日もバイトに行って、そのあと学校で自主ゼミに参加……のはずだったんですが。
 5月8日以降、未だに気力が取り戻せてない。学校近くの友人の家(文字通りのボロアパート。一般的なイメージで言えばトキワ荘です)に上がりこんで花札を挑みました。
 現在連敗中で、何としても勝ちたかった(本気でやれば勝てると思っていた)ので、「1ゲームだけにしよう」といってやりはじめました。それが済んだら今日こそは(先週のぐだぐだ記事参照)ちゃんとゼミ行こうと思って、自転車も学校に置いてきたのです。

 ・・・が、大敗。またしても。
 そいつに花札を教えたのは自分で、プライドが許しませんでした。結局4ゲームやって、1勝2敗1引き分け。総じて負けで3連敗。ゼミが終わるよりも遅い時間になって、ついに実力で劣ることを認めざるを得ませんでした。(まぁ途中森田童子をかけられたり、有象無象の精神的ゆさぶりをかけられたんですけれども。)終わった後くたばって寝そべると、すすけた天井からパンツがつるしてあって、「ここは昭和やろう」と二人で笑ってました。近く故郷へ帰るんだそうです。

 負けたんで遠慮無く、そいつに自転車で送ってもらって電車で帰りました。乗り換えの途中の駅で、大学1年からお世話になっている、とある大学の関係者(個人的に敬愛を込めてドンと呼んでいるので、以降ドンと書きます)を見かけました。
 ああ、日本点取られたよ(関係無い)

 いつも有益な情報を提供してくれるんですが、自分は最近だれてるんでちょうどいいと思って声かけましたら、いつもの通り快活に喋ってくださいました。
 以降に挙げる大学名や教員名等はいずれも実在するものです。情報が(客観的)事実を多く含むものであること、また法律やってる人にはすぐに分かるので字を伏せる意味があるのか悩みましたが、一応伏せておきます。
 法律(ロースクール)に興味の無い方には無意味な情報ですが。
 ようこそおいで下さいました。太字部分に注目して読むと、実名がわかるはずです。

 ドン「K大のロースクールは一年目から定員割れやろう」
 私「そうなんですか?」
 ドン「定員の2,7倍合格させたのに、実際に入学したのが定員の半分(笑)」
 私「厳しいですねぇ」
 ドン「今年の入学は半分てことはなかったけど、それでも定員割れ」
 私「(定員割れを防ぐために)なんとかできなかったんですか?」
 ドン「やっぱり看板のS教授も引っ張ってきたし、メンツがあるからな。派手に多数を合格させることはできないだろう。レベルも下がるしな」
 私「K大でそれですか・・・」
 ドン「そうだ。だからそれより下のローはもっと(運営が)厳しい」
 私「でも、そうなったら受かっても行く意味あるんですかね? その大学で1番でも新試験に受からないとかなるんじゃないですか?(定員の2,7倍受からせて半分ということを考えるとそうなる)」
 ドン「それは確かにそうだ。でも大学だって手をこまねいて見てるわけではないだろう」
 私「といいますと?」
 ドン「やっぱり予備校入れて(試験対策を)やってくるだろう。大規模に入れたら(文科?)省通らないから」
 私「少数精鋭ですか」
 ドン「予備校から(優秀な)弁護士呼んできて10人くらい集めてゼミということにすればいけるだろう。そのくらいのことは考えてると思う」
 私「でもいいんですかね。ロースクールって、それを排除するのが理念ですよね。S先生いるし・・・」
 ドン「S(フルネームで呼称)は昔、予備校で教えてたんだ。だからもともとは仲悪いわけじゃないんだ。今はもめてるけどな」
 私「でも、立場上キビしくないですか?」
 ドン「そこがK大の悩みだろうなぁ」
 分からなかった方へ。S先生は憲法学者です。これでわからない人はモグリです

 日本同点に追いついた(関係無い)。
 以降はあくまで私個人のつぶやきに過ぎませんが、K大でその状況です。(定員以上の人間がどこか(上位)のロースクールに受かっていて、2,3年後にはそいつらとガチンコ勝負ということです。)いずれにしてもロースクールは受かってからが問題だということは覚えておいて損はないと思います。
 余計なお世話かもしれませんが、現行試験には程遠いからローと考えてる人は、2,3年で現行組に打ち勝つ気概で戦わないと、話にもなりません。

 書きっぱなしでは無責任なんで自分の進路を書いておくと、ローはついでに受ける程度にします。本命は目標が現行で、実際は裁判所事務官です。くずれだろうが何だろうが、なりふりかまっていられない。事務官になったってそれで終わりではないですしね。ただ他のひとも同じことを考えていると思うので、競争は厳しくなると思います。
posted by LG18 at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律のはなし・受験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4389644

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。