2005年08月15日

「日本一」はその後どうなったか?

 私 「あれ、今日は仕事休みじゃないんですか?」
 店員「いや、今日俺出勤」
 私 「ずっと休みないですよね?」
 店員「うん、7連勤かな」
 私 「うわ、ひどいですね」
 店員「いや。俺はまだマシな方。13連勤とかある人いるから」
 私 「13日もですか!」
 店員「『本屋の連勤術師』」
 私 「焔のバイトですねー。手袋はめてダンボール運びまくるんですよね」
 ムードはなごやかです。(この人は数少ない話せる店員です)

 お前もしかしてそのマニアックなネタを披露するためだけに書いたんじゃないだろうなという鋭いツッコミは勘弁です。LG18ですお手柔らかに。

 「日本一森本平をプッシュしてる」とか言って、何もしてないんじゃないのかと思われている方がおられるかもしれませんが、そんなことはありませんよ。「森本平を知ってるか?」「知らん」「イケてないなぁ! 駄目だ駄目だよそんなことでは」と、このように友人に触れ回っております。我ながら涙ぐましいほどに地道な活動ですがね。

 さて、上の記事を書いてから4ヶ月が経ちました。今読み返すと、森本平が歌人だということすらどこにも書いてなかったりする自己本位きわまりないブログですが、言うまでもなく(?)本ブログは公的な価値を一切持たない、要するにわたくしLG18がその日の思いつきを記事にしているだけのブログなので、「こんなブログが一番のガイドでは、森本平とやらもたかが知れている」などと誤解しないようにだけ、お願いします。そんな人いないとは思いますが。

 それどころか…
 今だから書けますが(書いて良いのか?)、4月5日の時点で、氏の作品はギョーザの歌以外に数首しか知らなかったんですよね。まぁ直接書くわけじゃないしまさか誰も気付くわけもないし…と高を括っていたところ、わずか10日で看過されました。ネットの威力を思い知りました。コメントを下さった方には読んで下さって感謝しています。
 その後もなあなあで不勉強だったのですが、このたびこのブログを読んで私がろくに作品を読んでいないことを看過した(そりゃそうだ)森本平さんご本人から最新の歌集を頂くことになりまして、それが届きました。同人誌と機関誌、さらには直筆の手紙が添えられていまして、森本平ファンにはたまらない(!)包装パックごと家宝ものであります。今回はこの5点セットを特別価格でご提供・・・なんて罰当たりなネタは思いついても書くもんじゃないですね。自粛。

 まだ届いて間も無いので目を通す程度しか読んでいませんが、まずは目に辣油をさしたらどれくらい痛いのか検証しないとこれからゆっくり読ませて頂いて、いつかきっちりお礼をさせていただかないと。

 とりあえず、森本平は面白いですよ!(どんだけ能の無い宣伝やねん) 一家団欒殺し合いの際には是非一冊!

 次の歌集に反映されるようなブログを書いていきたいものです。

 今回歌集を頂いたことについて本ブログに書かせていただくことについては、事前に森本平様ご本人の承諾を得ております。しかし、くれぐれも「あいつにやったんなら俺にもくれ」等の何らかの行動をおこし、またはその他森本平様に迷惑をかけるような行為は断じて謹んで頂きますよう、あらかじめお断りしておきます。

 最後に、今日の記事については誰を対象に書くべきか迷いながら書いたため、敬語等言葉遣いが普段にまして不適正であることも併せておことわり(お詫び)しておきます。
この記事へのコメント
どうも、お久しぶりです。

>同人誌と機関誌、さらには直筆の手紙が添えられていまして、

ああ、じゃあ中川の短歌もぜひ読んでくださると嬉しいでっす!
関係ないけど、森本さんの字、きったないですよねぇ(笑)。実は誤字も多くて、以前中野区の沼袋に住んでいたとき、「中野区池袋…」と書かれた、素晴らしいお手紙を頂戴しました。
Posted by 中川佳南 at 2005年08月16日 07:07
 お久しぶりです。

 ええ、早速読ませて頂いております。「開耶」3号。
 …おそれながら、「素朴」は「素材」の誤りでは?……ないですよねぇ、まさか。
 うーん。ここで言うことではなかったですかね。

 ええ、きったないです(笑/失礼)。イメージ通りだったどころか、(この字を)以前に見たような気がして仕方なかったんですが、よくよく考えるとバイト先の店長に字が似ていました。

 大人でも字が汚い人って案外多いんだな、と。
Posted by LG18 at 2005年08月17日 01:14
>…おそれながら、「素朴」は「素材」の誤りでは?

評論ですね? あれは誤植です。私だけじゃなくて、3号は誤植が多いんですよ。実は内心ムカついてたんですけどぉ(笑)、そのうちHPに
書き直した文章をアップするから、まぁいいかと。

>大人でも字が汚い人って案外多いんだな、と。

そうですね。森本さんから頂いた手紙は全部保管しているので、もしかしたら100年後に短歌文学館なんぞで公開されて、笑える誤字やヘンな漫画が、後生の人々の心を和ませるかもしれません(笑)。
Posted by 佳南 at 2005年08月17日 13:35
 お返事遅れました。先日バイト先でベツコミか何かで乱丁(「砂時計」という漫画が一部掲載されていなかったか何か)があり、小売として対応に追われていましたが、案外そういうことはあるものなのですねぇ・・・。

 私は小1で「痴漢」を「ちかん」と読めた程漢字が大好きだった(漢字以外のものに興味があったのではないかという詮索はナシで。)ので、このブログにも誤字は少ないものと自負しておりますが、直筆には絶対の自信があるものの、PCでの変換となるとたまに信じられない凡ミスをやっちまうので注意ですね。

 私もさほど字はきれいではないですねぇ。ていうか、変な漫画読んでみたいです、ゼヒ。
Posted by LG18 at 2005年08月19日 23:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5918542

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。