2005年10月21日

A drifter (自分探し中のバイト君の手記・後編)

 A女「なあなあ、ガルシアマルケスの鞄見つけたんよ」
 B男「どこで!? ていうかどうやって!」
 A女「めちゃカワイイねん。この秋の新作やで」
 B男「新作!? その鞄に遺稿が入ってたんかいな」
 A女「買ってー」
 B男「そんなもん買えるかいな」

 アンジャッシュに売るにはあまりに間口の狭いネタでした。針に糸を通すとそこは夜明けだった。全てにおいて不器用なLG18ですこんばんわ。

 「○○がしたい」というのが明確にあって、現にそれをやりながら日々を過ごしている、あるいはそうなれるように努力している、という状態は、(傍目に見ていて)とても幸福だと思います。ただその幸福というのは、「信じるものは幸せだ」と言われるときの「幸せ」に近いように思いました。

 私は周囲の人間から、(私を見ていて)何がしたいのか分からないといわれます。実際自分にも分かりません。ただ私の場合は何に対しても興味が湧かないというのではなく、むしろその反対だと思っているのもあって、何がしたいのかということを是非見つけなければならない、と言う風には思えません。「やりたいことを仕事にしよう」というフレーズは耳に心地よく、またそれを目指すのは素晴らしいことだと思います。ただ、そうしなければいけないというものではないと思うし、その価値観を若いうちから植え付けることは、反面で視野を非常に狭める恐れもあるように思います。

 「どうしたい」というのがない、と言う言葉を聞いたとき、ある感覚を感じました。それは言葉にすれば上に書いたような、負け組のぼやきとも取られかねない内容になってしまいしたが、それほど悪いことではないと思います。

 いわく「聖夜のおねだリスト252」(JJ)。他の女性誌も大差ありません。252もかいと、思わず呆れ笑いがこぼれますが、それは本当に欲しいモノなんでしょうか? マスコミにノセられるなというだけの意味ではなく。

 私は、あえて言うなら、生きていたいです。それ以上は望まないとかいう意味ではなく、純粋にそれ以上に思いが及ばないです。


posted by LG18 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常・全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。