2005年05月20日

ムズカシイ

 「君の言葉は誰にもワカンナイ」(「ワカンナイ」井上陽水)って、あなたの言葉も大概分かりませんよ。かの名曲「白い一日」は小椋桂の作詞ですが。子供の頃に親のテープで聞かされてねじれてしまったLG18です。こんばんは。

 分からない人に補足しておくと、「アジアの純真」を作詞した人です。ちなみに最後の「今 アクセス ラブ」のところ、当初は「ただ ナンマイダー」だったそうです。

 詳しくはこちらをどうぞ。でも「ワカンナイ」はありません。ベストにも選ばれるほどの曲なのに。

***

 野球(阪神)のこともたまには書きたいんですが、大抵はハイライトしか見れないし、私が書くよりもっと緻密だったりおもしろかったりするブログがいくつもありますからねぇ。
 ただ、今日は一つ指摘しておきたいことがあります。

続きを読む

2005年05月18日

琢磨のいないモナコなんて。

 バトンに譲ってトンネル出たとこでやっちゃったのは一昨年でしたか。去年は直後に白煙あげて。縁ないですねぇ。

 それでも観るかもしれませんが。

2005年04月24日

記録(野球)のはなし

 セルシオとは曲がるときに減速しない車のことをいいますが、今日私はウィンダムに轢かれそうになりました。サザエさんみたいな顔したおばちゃんが運転してました。ブレーキペダルでも忘れてきたか?
 相手が夜神月なんで、本名伏せてますL-G18です。今日だけは「エイティーン」と読んでください(笑)

 清原は次の1本が通算500号ホームランとなります。野球なんて興味ない、という方に分かりやすく言うと、プロ野球界で今まで通算500本以上ホームランを打った選手は7人しかいません。曲がったことが嫌いな性格が災いしてか、何かと騒がれることも多いけれど、ただ騒がれているだけの選手というわけではありません。
 当の本人は体に力が入りすぎてホームランどころかヒットも打てていないようですが、記録といっても一つの区切りでしかないのだから、普段通りやればいいのだと思います。例えば去年のイチローのようなシーズン記録とか、連続記録のように、今日明日打たなければ記録に差し支えるという性質のものではないですし、ましてや陸上競技や水泳のように記録が直接成績を表す数字というわけでもないですから。まぁ私は野球選手じゃないですし、思ったこと言ってるだけです。

 今日ぐらいにでも出ればいいですね。古田選手も通算2000本安打を達成しましたしね。
 ちなみに、清原選手は去年だったか(正確でない)に一足先に2000本安打を達成しています。(2000安打を達成した選手は30人ちょいです)ということは、およそヒット4本のうち1本はホームランという計算になります。500本打とうと思ったら毎年25本ずつ打ったとしても20年かかりますから、尋常な記録ではないです。個人的には300勝以上している投手(現在6人。しかし私が現役で知っている選手はいない)の方がさらにすごいと思います(毎年15勝ずつ20年間! ありえない)が、どちらにしても偉大な記録です。

 頑張ってください。

2005年04月14日

お花畑だよ、あはは、うふふ。

お花畑

 今日のお昼は スーパーの特売品で すしを買って 学校の 桜を見ながら食べました ひとりむなしく
 散るのは桜か私か。LG18です、こんばんは。
 桜って、通りすがりに見る分にはきれいなんだけど、腰を落ち着けて眺めてもなんてことないですよね(ばっさり)。
 (携帯から読んでくださっている方、読みづらいと思います。すみません。間に打ち消し線入れてますのでまたPCからも見てみてください。)

 (タイトルについて)とうとうお迎えが、というわけではありませんで、我が家の庭の写真です。テストとして載せてみました。
 ここに写っている花は、写真で分かりやすいものから、チューリップ、パンジー、オキザリス、桜草、わすれな草、スミレです。置き物のカバもあります。全て母の趣味です。

 写真でみると華やかでとても良いんですが…
続きを読む

2005年04月03日

エースが打たれないままチームが負けるって、どうよ?

 さる4月1日、プロ野球セ・リーグが開幕した。開幕戦は各チームエースをマウンドに送るわけで、巨人は上原である。
 その上原は立ちあがりの1回に1点を失うものの、その後は堂々たるピッチングで失点を許さなかった。巨人のエースにふさわしい好投である。(どこぞのエースとはえらい違いだ)
 一方、広島のエース黒田も2失点、まさに1点を争う好ゲームである。七回までは。

 ところが、七回で上原が降板する。そして九回に巨人は逆転され、そのまま黒田に完投勝利を許してしまう。なぜ上原を投げさせない。打ち込まれたわけでも怪我をしたわけでも、ましてや本人が代えてくれと頼んだわけでもないのに、だ。
 ファンが見に来たのはエースの上原(の好投)であり、毎年通り評判の悪い不安定なリリーフ陣ではないのだ
 何かおかしくないだろうか?

 もちろん、不安定だからこそ早く成功させて波に乗せたいという気持ちはわかる。しかし、開幕戦から、投球数が100球をこえたからどうだとか、人間を機械みたいに扱うなよ、と言いたい。
 監督の仕事は八割が投手の交代時期に尽きると言われる。そのくらい投手の交代時期は難しい。けれどファンがエースを見に来て、そのエースが好投してるときに代えるべきでないことくらいは素人でもわかる。ゲームの流れに水を差しているのだ。

 結果として逆転されてしまった。これを一手にリリーフ陣の責任にしてしまうことはどうかと思う。また、ファンの心情としても、同じ日に別の試合で九回にサヨナラ満塁ホームランを打たれて負けた横浜と比べてどうだろうか。エースの三浦が打たれたのなら仕方が無いとなるだろうが、エースは打たれないままチームが負けてしまっては、どうにも納得がいかないだろう。

 かくいう私は物心ついたときからの阪神ファンで、巨人なぞ負けた方が良いに決まってる。けれど、私は阪神、巨人の以前に野球ファンである。巨人なぞ負けた方が良いというのは、開幕戦で上原が打たれて負けるのを望んでいるのであって、日本での実績の全くない「新外国人」が打たれて負けることを望んでいるわけではないのだ。そんな中途半端な試合をされるくらいなら上原に完投勝利された方がどれだけマシか分からない。それは相手が阪神であっても同様である。

 そういった、(本当の)野球ファンの気持ちを汲まない巨人のやり方が、私は嫌いだ。何より上原がかわいそうじゃないか。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。